TOPICS by [R]studio

「STUDIO RODAN」を訪問

代々木上原から武蔵小山へ御引っ越しした「STUDIO RODAN」。

総床面積239平米の屋上つき3階建てビル。
移転リニューアル前の、たくさんのかわいい小物、様々な床材×壁でのカット数がいくつも撮れる
RODANの魅力をもちろん引き継いでいます!

まずは1Fのご紹介から。
アイアンの窓枠が特徴的な窓と、広々なキッチンが特徴的なフロアです。

2F、3Fへ機材などを運ぶために、かなり大助かりな貨物用エレベータがあります。
幅×奥行×高さ 1,150mm×1,100mm×1,500mm

外からのドアの大きさも、大きさ十分で搬入しやすいです。
幅×高さ 1,440mm×2,230mm

利用料金は、1F利用、2F+3F+屋上利用で分かれています。
もちろん、1F〜3Fの1棟利用も可能です。
もしも、1Fのみを利用する際に、2F+3F+屋上に別な方の予約が入っている場合は、
階段と1Fスタジオの間に仕切りができ、出入口も別なので気をつかわずに利用できます。

ipod

「iiwi西麻布」を訪問

西麻布の交差点、iiwi西麻布(イーヴィ西麻布)を訪問

 

恵比須のスタジオに続き西麻布交差点至近にスタジオをOPENしたiiwiさん。

利用された方の「良かった」という声を立て続けに聞き、ロケハンに行ってまいりました。

 

西麻布交差点の権八を六本木方面に100M進んでください。

この渋いビルの6階です。

有名すぎる交差点付近なので、覚えやすいですね。

窓から見える六本木ヒルズは、この距離感。

そうなんです、めちゃくちゃ好立地です。

某テレビ局からも徒歩圏、渋谷、表参道、広尾、恵比須、六本木の中心点。

(超都心の)好立地×自然光=iiwi西麻布」と覚えてください。

 

長い、長すぎる窓。

3方向の窓からは、太陽が出ている間ずっと光が射すので、時間を気にせず午後からの撮影も問題なし。

 

長い窓面が南側に位置し、東と西にそれぞれ広めのスペース。という珍しい形のスタジオ。

こちらがメイクルームがある東側

こちらが西側

全体像をつかんでいただけましたでしょうか。

 

さて、白壁とコンクリート床にクリア塗装というシンプルな素地に、センスの良い家具と小物が助っ人として並びます。

主張しすぎず使える家具は、ホント有難いです。

メイクルームと備品もこのように揃ってます。

 

かなり旧式なブレーカーを発見しましたが、これは現在は使われておらず、レトロで素敵なので撮影にご利用いただくとして。

実際のブレーカーは、HMI等がご使用できる100VのC型60A。

このあたりの配慮も、さすがです。

 

帰り道、青山墓地を通り抜けながら、スタジオとセットで、こんなロケーションも使えるな~と。

 

かおたんラーメンの脇の道

青山陸橋

 

iiwi西麻布

「FOTOM」を訪問

中目黒駅と目黒駅の中間、目黒通りを少し入ったところにあるハウススタジオ、

南向きの小窓から光が差し込む、白タイルの対面カウンターキッチンが人気なスタジオです。
ハウススタジオ目線の見た目のよさと、個人宅キッチン目線の使い勝手のバランスがうまくとれています。

キッチンは、三口ガスコンロで、調理器具も揃っており、もちろん実際に調理も可能です。
見た目も美しい調理器具が揃っているので、調理&撮影にも利用でき嬉しいです。

キッチンスペースの他には、落ち着いたナチュラルな雰囲気のリビング、ダイニング、
自然光がたっぷり差し込むバルコニーのある、サニールームもあります。
サニールームは、出窓から緑が見え、一人暮らし風のカットにも使ったりできそうです。

空間を印象づける、壁と床についても。
壁は、白い古材の壁と珪藻土の粗塗りの壁の2種類です。
なんだかんだいって撮影のバックに重宝するのは白色で、テイストが異なる白壁が2種類あるので、
使い勝手がよいです。

またリビングの床は、馴染みがよいオークウッドの無垢フローリング(左)、
サニールームの床は、色が濃い目のフローリング(右)。
床でイメージが変わるので、撮影のバリエーションが増えそうです。

洗面所も、床が無垢フローリング、壁が珪藻土の粗塗りで、スタジオと同じナチュラルテイストの
雰囲気を引き継いでいます。また、洗面台横の小窓から、柔らかな自然光が差し込みます。

そして、音響設備に、iPod、iPhone4、iPhone5対応のマルチメディアスピーカーがあります。
また、2名同時で利用できるくらいの広めの個室メイクルームもあります。


最後にスタジオの入り方を。
スタジオは外玄関を入り、階段をのぼった2階になります。
少し搬入搬出がしづらいかもしれませんが、スチールとムービーが同料金で利用しやすい料金設定なので、
そこは多少の我慢を。

ダイニングスペースから正面に対面となるキッチンが使い勝手の良いFOTOM(フォトム)を
ぜひ、みなさんご利用ください!

「JERICHO DESIGN studio」を訪問

東京近郊で限りなくアメリカに近いところ「福生」、
横田米軍基地のある国道16号沿いに、新しくハウススタジオがオープンしました。

福生エリアに、もう少しオトナっぽくてシンプルモダンな印象の撮影場所があれば、
撮影イメージが広がるのにと、思われていた方も少なくないのではないでしょうか。
そんな方々のお気持ちを満たすような、スタジオがオープンしました!!

海外のお家というイメージよりも、オフィス、ショップのイメージです。
フロアは、1F、中2階、半地下の3フロア。

まずは、1Fの全体から。スタッフが落ち着ける広いテーブルがあります。

大きな木製の棚がふたつ。
左側は本棚で、たぶん、今頃はアンティーク本のラインナップも増えているはずです。
右側は薬棚で、小さな引き出しがたくさんついています。

背景になるドアもあります。
右側のドアは、海外のオフィスっぽい仕上がりになっています。

外からのドアも、劇場を思わせるものです。
玄関タイルもステキ。階段も同じタイルです。

そして、中2階へ。
一番奥のスペースは、オフィス。
海外っぽいモダンオフィスって、なかなかないのでこれは重宝しそうです!

ブリックタイルの壁。

白モチーフの壁、ステキな帽子の箱も。3シーターのソファもあります。

最後に、半地下フロアへ。
半地下フロアはちょっとメンズっぽいかっこいい雰囲気です。

外観は、海外のインテリアショップの感じ。赤い車両も撮影に利用できます!

メイクルームは個室で、ソファもあり落ち着きます。

そして、これらもあわせてどうぞ。
福生で米軍ハウスの撮影場所をお考えのときは、

福生のファサード撮影をお考えのときは、

JERICHO DESIGN studioができて、福生の撮影の幅が広がったと思います!!
ぜひ、みなさんご利用ください!

「a.room」を訪問

建て込みを、材料費のみで作ってくれるスタジオといえば、「studio roof」。

今回は、この「studio roof」の系列スタジオ「a.room」に伺いました。

都営浅草線「西馬込駅」南口より徒歩3分。
建物前には、マイクロバス2台分の駐車スペースがありますので、直接搬入が可能です。

ここは、普通のハウススタジオとはちょっと違います。
もちろん、スタジオには家具も揃っていて、リビング、ダイニング、キッチン、バスルーム、お庭など
様々なシーンを撮ることが可能で、普通のハウススタジオづかいもできます。

じゃあ、何が違うかというと、、、
オーダーメイドスタジオなのです!!
望む色や材質で壁、床を作ってくれて、ご希望の空間ができあがります。
また、階段、棚など、こういうのがあったらなぁを実現してくれます。
そして、これらを材料費のみで作ってくれるんです。

作ったものはたいていすぐ壊してしまうので、ご紹介できるものが少ないですが、
いくつかご紹介します。
<事例 1>洗面台の棚
洗面台を持ち込むので、それに合う木の棚を作って欲しいとのご要望を実現。


<事例 2>白タイルのモノが置ける可動式壁
モノが置ける白タイルの壁って、ありそうでないですよね。。


<事例 3>モノを飾るためのくり抜きがある白壁
白壁はあっても、モノが置けるようなくり抜きがある白壁はなかなかありません。。


これらの事例はほんのちょっとですが、
材料費のみで何でも作ってくれるというイメージが少し湧きましたか?

また「a.room」で1番利用される撮影ポイントは、1Fの白壁。
光のまわりがきれいと定評があります。


2Fからの俯瞰撮影可能、2人同時にメイクが可能な広々メイクルームと、
撮影スタジオの基本設備も整っています。




普通のハウススタジオ使いとしての利用でもちろんOKですが、
小さな備品でも、壁、床など、「妥協したくない」とか、「なかなかないんだよなー」
の想いを実現してくれるスタジオです。
ぜひ、ご利用ください。

「Aterier RUBAN」を訪問

新しいスタジオのリアルをお届けします。
写真はド素人の私が撮ることで、現状のありのままをお伝えできると思います。
修正も一切ありません(技術がないので)。
どうぞ、ロケハンに行った気分で、車を停めるところから順番にご覧下さい。

 この看板が目印です。「アトリエ リュヴァン」と読みます。

 車は、この位置に停めて下さい。
ステーションワゴンでこのサイズですから、ロケバスは道路に少し
はみ出しそうです。

スタジオ入口と駐車スペースの位置関係は完璧です!
段差はあるものの、間口がこれだけ取れていれば入らないものはなさそう。

まずはこの奇麗なコンクリートのフロアが目に入ります。
取りあえず、スタッフ待機スペースとなりそうですが、
左右の壁、ちゃんと撮影できるように3つの壁が用意されています。

と、その前に先にメイクルームの位置はここです。

カーテンで仕切ります。
近くには、ハンガーラック、アイロン、姿見、ウォーターサーバーがスタンバイ。

気になる壁・その1
フランスアンティーク調の壁紙
私が手ブレしているわけではありません。
アンニュイなんです。
プロの手にかかれば、もっと雰囲気ある背景になると思われます。

気になる壁・その2
薄紫という表現がよいか、藤色という表現が正しいか。
白っぽい塗料のムラが程よくあり、奇麗な古さを感じます。


気になる壁・その3
凝った腰壁も気になったので、寄ってみました。

コンクリートフロアが終わると、メインスタジオの床はヘリンボーンのフローリング↓ 

 

右に振ると大きな窓
ここが一番光が差し込みます(南東)

ちゃんと白壁も用意されています。
もちろん写っている機材や備品もご利用ください。
(センチュリーのみ有料となります。1本1,000円/1日)
「白壁×フローリングで引きがあればいい!」というカメラマンさん、こちらのスタジオのリピート率が高まりそうです。

他に目を取られて目立ちませんがモールディングの壁もやっぱり好きです。

家具・小物も一つ一つ丁寧に選ばれた感じが印象的です。

全ての内装において言えることですが「やり過ぎてない」というのが、このスタジオの特徴です。

質感がコッテリしていません(いい意味で)。
作り込まれ過ぎていない程良さに品を感じます。
写真にも反映されるのではないでしょうか?

さて、ロケハン気分を味わっていただけましたでしょうか?

ファッション誌を多く手がける、ご近所の小学館・講談社・光文社・宝島社・
世界文化社・主婦の友社の皆様、編集部の近くに素敵なハウススタジオが
少ないと思っていませんでしたか?
「Aterier RUBAN」を知っておくと、助かることがありそうです。

スタジオ詳細ページ

「so-so studio MEGURO」を訪問

目黒の使い勝手がよいスタジオといえば、「so-so studio MEGURO」。

何が使い勝手がよいかというと。。。
・目黒駅徒歩7分の立地
・最低利用時間1h
・利用可能時間24h
・スチール/ムービー同料金でかつ、低料金

今回は、上記にプラスした使い勝手のよさがないかを調査してきました!

まずは、スタジオの全景から。(左:西側窓、右:東側窓)

91㎡とそこまで広くはないですが、
無垢のオーク材フローリングに、ツボをおさえたシンプルなあわせやすい家具が揃っています。
まさに、ワンフロアーのおうちスタジオという感じです。

そこで、家具を利用し、どこまでバリエーションのある空間づくりができるかやってみました!
1) リビング

2) ダイニング


3) グリーンエリア


4) 子供部屋


5) カフェスペース


おうちの様々なシチュエーションを作ることができるのは、使い勝手のよさにプラスされますね!

次は、設備をみてみましょう。
白いハコの中にはメイクルーム。広々としていて、2人分のスペースがあります。

白いハコに中には、ちょっと狭いですが個室の着替えスペースもあります。
もちろん、ラック、アイロンもあります。

撮影の時には、音楽や珈琲ブレイクも重要です。
自分のiphoneやipodをスピーカーにつなげることができ、珈琲&お茶コーナーも充実。
そして、この時期嬉しい冷蔵庫もあります。
この設備の充実も、使い勝手のよさにプラスされます!

ちょっと使い勝手の悪さがあるとすれば。。
大型の物を搬入する際には、1Fの通路からエレベータへ搬入しづらいかもしれません。
詳細は↓の図面を参照してください。


最後に目黒駅からの行き方の説明を。
権之助坂を下り目黒新橋を渡った大鳥前商店街の手前の信号を左へ曲がり、
斜め左の道をまっすぐ進みます。
すると、右側に見えるこのビルの6Fです。1Fが車の修理屋さんです。


実際にスタジオへ行ってみると、使い勝手がよいポイントがさらにプラスされました!!
ぜひとも、みなさんも「so-so studio MEGURO」を利用してみてください。

「studio nico」を訪問

1955年から米軍ハウスとして愛された、二戸(ニコ)の家。
≫studio nico

 

目黒ICから車で40分!
挨拶を済ませて、ひと眠りしようと思ったら着いてしまう、
そんな距離感です。
これ、かなり驚きの事実です。

立川とか福生とか八王子と聞いただけで、
思いっきり遠いイメージに襲われますが、いやはや、反省。

そして、2度目の驚き。
このスタジオ、突如現れます。

 いかにも米軍ハウス的な出で立ちなので、懐かしい街並みの住宅街か
緑豊かな自然の中にでも現れるかと思いきや、普通の市街地にいきなりです。
これもご愛嬌な感じで高感度UP。

スタジオ目の前の駐車場は、マイクロ4台が余裕で停まる広さ。
車の出し入れも、搬入搬出もしやすい位置関係です。

 

ブルーのB(nicoB) クリームのC(nicoC)と覚えてください。
どちらも建物も建物全体の形と広さは同じです。

間取りが少し違いますが、それぞれのメリットをご紹介。

nicoB

①引きが取りやすいように壁を抜いています(個室の数が少ない)

②床は、全て昔のままの床。いい風合いです。

③壁は経年劣化をあえて良しとしています。撮影時に釘を打ったりテープを張ることを許可しています。
(塗装でごまかせるレベルの内容でお願いします)

 

nicoC

①古いタイルのキッチンとガス台が残っています

②キッチン周りの雑貨や冷蔵庫も◎

③テイストの違う複数の部屋がありますので、カット数多めや、
 物撮りの背景パターンを必要とする場合は、nicoCをお勧めします。

④自然光が必要な場合は、南側の個室

 

 

共通

①全てのエアコンは、写真に写り込まないように天井に設置され、ルーバーで目隠しされているので、
 違和感無いよう配慮が嬉しい
 

②もちろん全ての窓は木枠です

 
③玄関前ポーチ、画になります

④建物裏、広くありませんが十分撮影できます。雑然と置かれた庭作業の道具が、
 撮影小物として役立ちそうな匂いがプンプンします。

 
 

スタジオ運営スタッフが、ロケバス業務も合わせて承りますので、
ロケバスのご相談も是非!
≫ofice moon

 

「studio iiwi」を訪問

恵比寿にスチール・ムービー1hから利用でき、比較的利用しやすいお値段のスタジオ
「studio iiwi(スタジオイーヴィ)」がオープンしました。

恵比寿駅東口徒歩10分くらいのところにあり、
スタジオの1F玄関までは坂を下ります。
ゆるやかな坂で人通りは少ないので、搬入搬出も困らないはず。



玄関ドアは鉄で、ドアの両脇はガラスブロック。
男らしい印象です。


駐車場は1台無料です。
駐車場にもスタジオへの入り口があるので、車からの機材の搬入も楽チンです。



ナチュラルとソリッドの雰囲気の2つの空間があります。
まずは、1Fエントランス入ってすぐの、ソリッドな空間からご紹介。

もうひとつのナチュラルな空間の全体。
ロフトになっており、2Fからは俯瞰できます。

実際に利用できるキッチン。
キッチン小物も充実しています。

キッチンを望むダイニングテーブルもあります。


2つの小部屋。

2Fはベッドルーム。

2Fにはちょっとメタル感のある壁もあります。


取り外し可能な白壁もあります。

メイクルームはいっぺんに二人がメイク可能な広さです。
メイク道具専門のクリーナーが自由に使える、心配り。

そして、様々な撮影機材が無料でレンタル可能です。
ペーパー、バック材(タイル、レンガ、木材など)、コメットのストロボ、ジェネレータ、
スタンドなど、大概のものは揃います!


いくつかのシーンが撮影でき、恵比寿の立地で1時間から利用できるハウススタジオは強い味方になると思います。
ぜひとも、みなさん利用してみて下さい!!

「so-so studio TOMIGAYA」を訪問

スチール・ムービー共に1時間から、そして低料金で利用できる
目黒のハウススタジオ「so-so studio MEGURO」。



掲載当初、皆様の反響も大きかったです。
そんなso-so studioが、新しく渋谷区富ヶ谷にハウススタジオをオープンしました。
もちろん、富ヶ谷も1時間から利用でき、低料金です。
目黒はフローリング×白壁でしたが、富ヶ谷はコンクリート材のマットホワイト×白壁。
so-so studioらしいシンプルな部屋を引き継ぎつつも、ちょっと海外っぽい雰囲気が感じられます。

まずはACCESSのご説明を。
山手通りを東大宇宙研通りに入ってすぐのオレンジの建物2F。



エレベータはないので、階段(幅は1050mm)で2Fへ。



ドアは普通よりも大きめの幅950mm、高さ2080mm。




スタジオはワンフロアーで、全体はこんな感じです。



自由に使える、シンプルな家具・グリーンも充実しています。



南面の紗幕のようなカーテンを開けると、大きな樹が借景に。



じつは、よくよく見ると、大きな樹のうしろには、競技トラックが!!
撮影に利用することはないかもしれませんが、なかなか気持ちのよい景色。



一面のみ、平に仕上げた白壁があり、自然光ホリゾントっぽく利用できます。



天井には、移動可能の照明ソケットがあり、照明家具の撮影にも利用しやすいです。



メイクルームはカーテンと木製間仕切りで仕切られます。



駐車場はありませんが、徒歩3分以内にコインパーキングがあり、
搬入搬出のために一時的に駐車するスペースは建物の目の前にあります。
また、屋上での撮影もOKです。
屋上利用希望の方は、事前に連絡をお願いします。

スタジオの使い勝手はもちろんのこと、なんだかとっても居心地がよく住みたくなるスタジオです。
この気持ちのよい空間でぜひ、撮影してみてください!

スタジオ訪問